やすおのロード to NBA
飯島康夫です。 夢は夢を届けること
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
貴乃花親方の生き方




昨日、貴乃花親方に会いに行きました。


日本での活動、世界への想いを語りに。


栗原先生と僕で湊親方に紹介していただきました。



貴乃花親方のオーラハンパじゃありませんでした。


今まで会った中でもかなりの迫力。


現役を退き、身体がスマートになっていましたが、オーラやばかったっす。



他のお偉いさんも一歩下がって喋っていました。

僕と先生はそんなの関係なしに語り尽くしましたが。




今の活動とこれからの活動、世界平和。



熱い話をすればするほどお偉いさん達は笑っていましたが


貴乃花親方だけは、優しくうなずき


「その通りです」



と。




並の精神力じゃあの人の目も見れない。



人としての器が凄すぎて感動しました。




貴乃花親方に人が集まる理由を強く感じることができた


またお会いすると思います。







その時は

人として対等に喋りたいですね♪



精進いたします。
スポンサーサイト
日本が誇る世界基準



女性店員のレジにエロDVDを持って行ってメンタルを鍛えています。


おかげさまで僕の部屋にはたくさんの商品が並んでいます。



どーも、やすおです。






日本の国技。


相撲のルーツがどこにあるのか知りたくなった。



湊(みなと)親方のお稽古部屋にお邪魔して勉強させていただく機会をいただき、



浸る。















生の迫力を、体と体がぶつかる0,1秒の世界を目で見て感じ



土俵と足の擦れる音を、大木を叩く音、力士の我慢の声を耳で感じ



木造住宅のほのかな香りと土の安らげるにおい、毎日丁寧に手入れをしているであろう畳の真新しい香り



親方の力士であった証拠である鍛え上げられた手。






あー。これが日本の文化かと全身で感じることができた。




なんという幸せ。







人の歴史は

日本の歴史を物語る。





こんなにたくさん国があって

こんなにたくさん人がいるのに





どうして飯島康夫は日本に生まれてきたのか




どうして飯島康夫なのか。




少しずつわかってきた。




"日本の文化は素晴らしい"




海外の方々がそう言うのも無理はない



我慢、

一生懸命、

真面目、

感謝、





これこそ日本の文化だと僕は感じました。


しかしこれをやる日本人は少ないように感じます




しかしこれを徹底すれば


必ず世界に打ち出していける具体策になると確信しました。







だから飯島康夫なんだね



自分が必要とされる理由はそこにあるのかなと








栗原先生、ありがとうございます



僕は世界で活躍できそうです




日本文化を世界に発信していきます。





では♪
わかりやすいテーマがなかなか見えてこないものに進んでいると感じる




最近は感情を凄く大切にしています






前にも書きましたが

音楽は聴いて感じる

写真は見て感じる


ではバスケットボールはどうなのか。



あれからずっと考えてみましたが、やはりわかりませんでした



だけど
人が集まる試合に足を運んでみたらよくわかった






選手の動きを目でとらえて

選手の汗の匂いを鼻で感じ

選手の感情を耳で聞く


スーパープレーが出たら口から叫んでいた



次のプレーを頭で予想し、予想外を叩きつけられて身体全体に走る何か。





バスケットボールは身体全体で感動できる






"目で感動できるスポーツなんだよ"



その言葉に


何かしっくりこなかった


それだけじゃ自分の中で解決できていなかった










やはりバスケットボールは深い



それは人間性の深さにも関係してくることではないでしょうか



プレーがうまい人はうまいでいい、



それだけじゃないと思うんです







人の深さがバスケットボールの深さ



だから僕は深い人間に魅力を感じるのかもしれません



好きになったり。







わかりやすいテーマがなかなか見えてこないものに魅了されています



それは芸術でも同じなのかなと。





「普通こうじゃん!」

と、叫びたくなっても我慢する人を見たとき、



その感情を我慢する人を見たとき、




人は成長すると思う





最近はそんなところです♪
夢が現実に、そして夢を生む


きゃりーぱみゅぱみゅのPVにハマっています。


どーもやすおです。




今年の2月、僕はアメリカに行きました。



アメリカの文化がデカすぎた。


そう感じざるおえない






今までの日本での飯島康夫。


その心の器が小さすぎて

アメリカの文化が処理しきれなくて溢れかえってしまいました。



日本に帰ってきてやらなきゃいけないことがハッキリ見えた




技術練習ももちろんなんだけど

それ以上にやらなければいけないこと。



それは

今まで日本で満足していた心の器の拡大。



人としての器。



その土台が広くなくちゃ、何度アメリカ行っても同じだと強く感じた。



心のデカさ。


アメリカの文化のデカさ。




だから僕はできないことをやる


人のやらないことをやる




それは人の心に関係することだから。



だから僕はアメリカに挑戦するんです





僕がNBAに挑戦できるのも、そんなとこに理由があるのだと思います。





ただアメリカ行ってバスケするだけじゃなく


ただNBA選手になるだけじゃなく


ただ有名になるだけじゃなく




大切なことは毎日確認しています。






夢が現実になり、また夢を生む。


僕の人生はその繰り返しです





1人の人間として
やるべきことをやる。





それはやすおの生き方に繋がること








ですね♪


最近はそんな感じです♪
エロスに導かれて



スポーツをやっている人間はカッコイイですよね


どうしてカッコよく見えるのか


すなわち"エロス"だと考えています。



エロスに人は導かれてしまう部分があると思うのです。



極端な話、日本にエロスが足りていないと思うのです。

アメリカはエロスで満ち溢れている


イヤン♪








スポーツ選手はカッコイイんです。



アメリカの大学生なんかも

プロ選手に負けないくらい

めちゃめちゃモテる。





それが例えば


躍動感だったり


筋肉の動きひとつに詰め込まれている。





一人一人のそういったエロスを具体的に見つけ出すのも


バスケットボールの魅力の一つなのかなと思います



バスケットボールだけに限らずですね♪






今日も人との繋がりにBIG感謝!
平等



女性店員のレジにエロ本を差し出してメンタルを鍛えています




どーも、やすおです。








平等という言葉には物凄く深い意味があると思います



誰しもこの世に生まれて何かをする権利がある


同じ人間が何かの部門で世界一になっている。


競技も年齢も問わない。



悔しいと思いませんか、

僕は悔しい。



同じ人間が世界一になっている。今この瞬間も




環境なんて関係ない
人種なんて関係ない


アスリートとしてではなく、

1人の人間として悔しいです





だけど最初はそうは思わなかった


今だからそう思えるのかもしれませんね




1人のアスリートとして、1人の人間として世界に挑戦する自分に感謝します。






まだまだ成長できる
果てしない人間性



よく間違えられますが


メシじまではありません


いいじまです。


それから僕が苦労して入手したTシャツや、いただいた誕生日プレゼントをいただこうとするのは止めてください。



全部やすおのです。


どーもやすおです。




僕が海外に持ち出していこうとしているテーマがあります。



ずばり


「日本の文化」です



日本の歴史や戦争、文化や成り立ちを理解する必要があると思います。



例えばアメリカでよろしくしたいのなら


アメリカ人の心を

それはアメリカの文化や歴史に関わること、さらにアメリカを語るには自分の国を理解する必要があると思うのです




その上で日本の心を打ち出していけたら



本当の意味で日本人を理解してくれるのかな



なんて考えたりします




しかし、やすおは果てしなく、果てしなくまだまだな男ですので、勉強勉強の毎日です。



たくさんの方々とお話をさせていただく機会が増えました。


初対面の方々のふとした言葉を大切にしています。それは最近になって友達や家族でも一緒なんだと強く感じます。



一人一人のふとしたメッセージが


時には重く

時には切なく感じるときもありますが、それが実はその時の自分に必要な言葉であったりします





与えられた価値観や常識をまず疑い、創造させる力へ。




今日は

プロとは何なのか。

一流とは何なのかを考えるいい機会になりました





少し疲れているので


きゃりーぱみゅぱみゅ聴いて寝ます。






今日も人の繋がりにBIG感謝☆




僕は一人旅が好きです

でも時間がないときは本を読みます♪

自分の中で本は旅に出掛けられるツールになるんです


だから遠出した時も本は買うけど読まない。旅に出ている体に旅に出るような薬はいらないのである



しかし、今日も本を持ち歩く



ども!今日もやすおです






僕の周りには変わった人が多いです


世の中から追放されてしまうような人がたくさんいます。


しかし、そういった人程ある種類の人たちからは好かれるのです



僕はその世界に身を置くことで勉強することがたくさんあります。



気持ちだけでここまでやってきましたが、この先は気持ち以外にやらなければいけないことが出てきそうです




まあ、気持ちで乗り切りますがねっ(笑)




本に魅了されている時点でこの一人旅をどこか人に理解してもらいたい心があるのかな





ではでは♪
世界のヒント



僕は100%頑張ったけど、ダメだったよ。

いやいや、100%出すのは当たり前です。

120%出さなくては。



どーも、

あなたの街の無料コインランドリー


飯島康夫です。








写真は見る人に感動を与えます

音楽は耳で聴いて。


食事は
見て感動するし、
鼻でも感動するし、
口でも感動できる。




じゃあバスケットボールは。



人が感動するものに国境はないと思います


スポーツや音楽、笑い。




それは人のこころに関係する



僕の恩師の栗原先生は書道をやっていますが、


書道で人に感動を与えています。


先生の書を目の前にして、泣き崩れてしまう人もいました。




感動。

笑顔。


まだまだ勉強中ですが


そういったことがやすおが世界に行く理由のひとつなのかなと感じています。



スゲープレーは身体能力のスゲー選手がやればいい。



アメージングなプレーはアメージング野郎がやればいい。



ではやすおは何をするのですか。



右ひじと左ひじを交互に見せる?





いやいや、



世界平和なのではないしょうか。



ヒジを交互に見せ過ぎて肩を痛めている場合ではない。



人に感動を与える写真

人に感動を与える音楽


人に感動を与える書道家






人に感動を与えるバスケットボールプレイヤーとはいかなるものなのか




それは身近にある感動が教えてくれていたりします




そこに創造の力を






世界が教えてくれていること


世界に発信しなければいけないこと




僕の使命はそこにあるのかなと






ではでは♪
"スゴい"




右ひじと左ひじを交互に出してもあまり良いことはありません。




どーも、あなたの街のやすおです。




飯島康夫

好きな言葉


「この人スゲー」






"スゴい"


という言葉が自分を豊かにします。


その"スゴい"を芸術やスポーツに具現化出来た時、人は幸せになれると思う



例えばそれが自分でもあったり。




だから僕はスゴいを求める



その分野を極めた人と話をしたり


誰かは何かのプロなので、そのプロの話を聞いたり、発展途上でも。



新しい境地に自分から足を踏み入れたりすることが好きなんです




そうやってスゴいを求めていたらたくさんの人に勇気や夢を与えていることに気がつきました



これからも求め続けたい



そして幸せに繋がればいいよね






今日も人との繋がりにBIG感謝♪
僕は天才じゃない
この先何十年、人として生きることやプレイヤーとして何かを成し遂げたとしても変わらないものがある



やすおがやすおであること


どーも、やすおです。



イチローは言いました


「僕は天才じゃない」



イチローがメジャーリーグに行ってから3年が経った頃、全く打てない時期があったそうです


弱点である内角を攻められた。


しかしイチローは慌てることなく、足のスタンスを変え、打ち方をスムーズにし、内角を難なく越えて見せた




人は誰しも感覚的な部分があると思います


その感覚的な部分で上にのしあがる人はプロの中でもたくさんいます


いわゆる天才。



イチローは言いました


「僕は天才じゃない」



イチローは悟っている


「打てることを計算しているから僕は天才じゃない」




しかし僕はイチローこそ本物の天才だと思うのです



自分がまだ感覚的な部分でやっているからこそ、

感覚的な部分を自分の哲学に置き換えられた時


やすおは世界を見渡すのかなと。






僕は天才じゃない。



本当の意味でそう言いたいです♪



それは人としての器や

感性。


いずれはたどり着く境地


まだまだなやすおです







ではでは(^^)
そんな事に時間をかけていてはもったいない!
僕の母さんは昔、牛乳ビンの底みたいなメガネをしていました。



どーも、やすおです。








一言だけ言いたい






技術と経験は後からいくらでもついてきます。




今やるべき事は何か、
バスケットボールの幸せ



僕の姉は小学校の時、ピアノを3年間習っていたのに、"猫ふんじゃった"さえもひけませんでした。


不便な姉です。


しかし今は子供を授かり、子供のためにとなると3日くらいでひけるようになりました。


よくわからない姉です。



人は何かのためにとなると、自分の力を最大限に発揮する。


byガリレオ




どーも、世界のために活動しているやすおです。




芸術もスポーツも

清らかさだけでは幸せになれない何かがあります。




幸せは誰もが願います。

幸せは人を救います。



幸せーってなんだっけ、なんだっけ


うまい醤油があるうちさ♪
うまい醤油はキッコーマン♪



とはよく言ったものです。


醤油を買う行為=幸せを得る


とはなりませんね。



醤油が香辛料になり、たくさんの料理を引き立てる。


そして


"おいしい"


という言葉が自分を満たした時に幸せを感じる。




日本人が醤油を求めるのは醤油に歴史があるから。




どうして日本なのでしょうか。



それは清らかな日本人の心に甘酸っぱさを加えるから






"スゴい"


という言葉が自分を豊かにしていきます。



その言葉を芸術やスポーツに具現化した時、



人は幸せに行き着くと思うのです。





このブログ

バスケの事は全く書きませんが

全てバスケに繋がっています♪





バスケがうまい人間はたくさんいます。でもそれだけでは幸せになれない




人に感動を与えるプレイヤーになりたいです




だって人ですもの


やすおが人のプレーを見に行ったら



叫びたいし

騒ぎたいし

応援したいし

罵声浴びせたいし

笑いたいし

泣きたい。



ドラマを体験したい




そこに創造の力を



ではでは♪
発展途上



今日は群馬のプロスポーツチームが集まるイベントがありました。



ラグビーのワイルドナイツ

ナイツのはなわは関係ありません


サッカーのザスパ草津

ザスパの由来は


THE スパ(温泉)からの草津温泉。

まんまやね♪草津温泉


野球のダイヤモンドペガサス。


ダイヤモンドゆかいはギラッチ関係ありません。





そして今年の10月にプロ参入が決定しているバスケ


群馬クレインサンダース


ポケモンでいそうな名前ですね


ギラッチもいそう。





他の競技者の方々と触れ合うことは滅多にあることではありません



これから取り入れたい部分がたくさんありましたが


逆にこうはなりたくないな


という部分もありました。



とても良い勉強になりました。自分にとってはですが。



最近偉そうなことばかり言っていますが、偉そうにはなりたくない。


スポーツ選手として気高く振る舞うのはいいことだと思います



でもなんか

スタッフがやることはスタッフがやればいーじゃん

的なのはなんかイヤだ



みんな他の競技はメジャーだからいーのかな



そんなこと思ってないと思うけどね



疲れていたんだろうな








でも、忘れたくないものはある。


スゲー有名になっても忘れたくないな



今日は

そんなことを教えていただきました



今日もBIG感謝です



自分たちで出来ることをっ




ではでは♪
笑うことは芸術である



しゅにんにソチオリンピックは向いてないと思います。


技術的にも、身体的にも。あきらめてください。


容姿は完璧ですが。



どーも、やすおです。




笑いは世界平和に繋がる部分があると考えています


笑いは人を救う。




今、目の前にある不幸な事。

それを作り出しているのが人間であれば


その人間と断ち切る術を学ぶと思う



でも、大事な事は見失ってはいけない



泣く場所は一人でも作れるけど


笑う場所は一人じゃ作れない




目の前の人に感謝ができて初めて解り合えると思います


身近なところで争いが絶えないようでは世界平和は決して成せない




世の中にある憎しみを笑いに変えられたらどれだけたくさんの人が救われるでしょうか





芸人をリスペクト。


ケンカ出来る相手がいることに幸せを感じます♪






ではでは♪
世界平和



やすおの最終目標は世界平和です



戦争を知らない子供と

平和を知らない子供の価値観は違います




何が正義で何が悪なのか


今の飯島康夫にはまだ答えられないと思います



今年の活動で見いだせたらいいなと考えています




世界平和と謳っているのであれば

人の文化や
人の様々な幸せや平和


悪いところも

たくさん見るべきところがあります



恨みと憎しみに支配されるような自分がいたら世界平和は絶対にやってこない。




それを本当に乗り越えられた時


世界平和に少し近づけるんじゃないかな



そんなことをこのビデオを見て思いました。




http://vimeo.com/39257220




見れなかったらyoutubeで"飯島康夫"と検索してみてください(^^)



では♪
全国区



「やめろー!!!何をする!やめるんだー!!!!!!」



と言いながら実はやってほしい


どーも、ドMのやすおです。




三年前の日記



中学の時、マンガのテニスの王子様を見て


"全国区"


という言葉に憧れた(なぜかテニスですが。)



関東大会に出場し、見事全国への切符を手に入れました。




今は全国が楽しみでしょうがないです


やすおの全国デビューをスラムダンクの牧みたいな奴にかき消されないように頑張ってきます!!



あと愛知の星とかね(笑)



そんでもって

昔に憧れた全国区になってきます












全国区を飛び出し、今では世界に向けて

いや、世界を拠点に活動しているやすおはスゲーなと



このスゲーは

実力もないのによくやっているなという意味です笑




ひたすら夢に向かって走ってるだけなのにね



たくさんの方が応援してくれています♪



地区一回戦で負ける高校を出て

まずは県大会を目指し

関東を目指し

全国区を目指し

日本一になり


そして今は世界一を目指し


このあとも続く夢を越えながら作っていきます。



創造していきます。




夢は逃げない逃げるのはいつも自分だ





ではでは(^^)/
尊敬する





春ですね

4月突入しましたが今日もやすおです。







周りを愛せる人間になれば、いつか必ず自分に幸せがやってくる



と考えていました






うーむ。



アマチャンです。


今は少し考え方を変えて


自分を愛することに目覚めたいと思う





ナルシストじゃねーぞ





自分を正しく尊敬することについて。




自分を愛せない人が人を愛せますか。



ただそれだけのことです





自分はどんな人間になりたいのか

果たして今やっていることは将来の自分を創造できているのか




自分の行動と願望が相反しないように



一歩ずつ前に進みます。







たくさんの人と繋がれているのは


たくさんの場所に手を合わせることができて、自分を尊敬できているからだと思います








「人が好き」

と謳うことのできる人は大抵自分が好きです


自分を大切にして周りを幸せにします




それこそ人のためなのかなと。





ではでは。

ナルシストやすおでした♪










"いずれ世界No.1シューターになる男。今はただのグッドプレイヤーっすけどね"



どあほう
会いたい




どーも、やすおです



書きたいことたくさんあるんだけど、書けないんです。


気持ち的に








なんだか最近は世界を意識し過ぎて、日本をおろそかにしているような気がするんです。



何かに迷ったとき



そんな時は大好きなマンガを見て自分の"夢"や目標を再確認しています。




ワンピースのルフィはとにかくまっすぐです


道を外しそうになったらルフィの仲間たちが助けてくれます









個人活動に見えて"チーム"を忘れがちになるけど、初心を常に心がけて、常に挑戦者の気持ちで日々精進したいと思う。







書きたいことたくさんあるです




CM撮影に取材にイベントとNBA活動






もう少ししたら

ちゃんと書けたらいいな




日本の仲間にも会いたい




感謝の言葉が足りません

ありがとうの言葉が足りません


人がいて自分がいることは忘れたくない







今日もBIG感謝。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。