やすおのロード to NBA
飯島康夫です。 夢は夢を届けること
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
君の定番
あなたの小さな幸せは何ですか?


って


たまたま考えてたらたくさん浮かんできた。






好きな漫画や雑誌を読んでいる時


ナイスなメールが来た時


買った洋服を試着している時




自分の小さな幸せが人のためになっていたら、もっと幸せになるじゃないですか







そんな事を考えていたら、何だか自分に合った生き方とは何なのか




なんて考え始めちゃいました。







自分の着地点とか


人生の目標は?夢は?





その夢を叶えたら誰がどうなるのか

日本はどうなるのか

バスケットボール業界はどうなるのか










今一度考えて、それを紙に書いてみるんです。








「どうせ僕はダメなんだ」とか、「僕には出来ない」と言って、やる前に諦めてしまう人がたくさんいると思います



周りの目を気にして

今、流行っている事に気をとられて


人の事ばっかり気にしちゃって


気づいてみたら"こんなはずじゃなかった"って思う人たくさんいると思います。







本当の自分を見失っている人がたくさんいると思います



僕はそんな人を見つけてしまうと助けたくなります




"そこまでお化粧しなくても充分可愛いのに"



って思ったりね(笑)






自分に合った生き方とは何なんでしょうか



僕は昔から誰かのために生きるような生き方をしてきました。






僕には特技があります。



隣の席の人が消しゴムで困っていると僕の得意の第六感が働きます。


即座に自分の消しゴムを貸して、自分が困る。


困った能力です。




ポイントは自分をかえりみないところ。無意識で。



それくらい人を無意識に想うその能力、

すげーと思います。




まあ、

最終的には困るの自分なのですが。






しかしそう思っていても



誰か困っている人がいると助けたくなってしまうんです



だけど以外に僕の周りにはそのような能力をもっている人が多い気がします。













誰かのために。


ってなると、飯島康夫は本領発揮するんです。



思えば昔からそうでした。



誰かのためだったらなんだってやるんです。





それがどうしてなのか

最近わかりました。













僕の親がそうなんです。



そんな親と一緒にご飯食べて、一緒に笑い会えるこの瞬間を大切にしています。










誰かと一緒に同じ目標や夢に向かって「これが実現したら、何かのためになるよね」って、会話している時





そんな時に僕は幸せを感じます






あ、



あとバスケしている時ね♪



では♪
スポンサーサイト
奇跡起こせ
きゃりーぱみゅぱみゅ



絶対噛みます。


赤坂サカスを

あかしゃかしゃかしゅ並みに


噛みます




どーも、やすおです。




そういえば誰かが言っていました。



知ろうとするな、感じるんだ。



あ、!

ブルースリーだ。



"考えるな、感じるんだ"

don't think feel




最近そのワードが頭から離れません





僕は


ずーっと悩んでました


前が見えない洞窟の中を走っている感じでした。



身体ボロボロなんに人にはいい顔して


小さいことに執着して考え込んで


また気を使って

って。



バスケットボールどころじゃなかった



でも、そんな中でも小さな光りが見えました




今思えば


同じサイクルで動いていたかのような感覚でしたが、

実はその行動一つ一つに
ちゃんと意味がありました。




僕のやっていることは間違っているのかな



なんて思ったことはありません



その分たくさん迷惑をかけていたわけだけど、ちゃんと全て自分に繋がっています。




意味の無いことなんてありません。





僕らのやっていることにも何か意味があると思うんです




じゃなきゃ

私利私欲に走り、


今頃ベンツを乗り回して破綻しているでしょう。


"この不景気はマジでホンマもんやな!!!"



なんて朝刊見ながら言ってますよ



でも不景気なんて関係ないんです。



アメリカの経済事情が悪かろうが

サブプライムローンがどうかろうが

どんなに不景気だろうが





変わらないものがあります。




僕らの意思です。


僕らの
人を想う気持ちです。



想いがあれば、道は開かれる


そんな気がします




僕は

僕が夢を追うことで人を喜ばせたい


勇気になりたい



そして夢を与えていきたい




高級車をいくつも買う

高い服をいくつも買う




そのお金を少しでも世の中のために使ってくれたら、どれだけの人が救えるでしょうか




ま、それはそれとして





僕のやろうとしていることは


難しいことかもしれないけど、

難しいかどうかなんて

どうでもいい。





それでたくさんの人に勇気や感動を与えていけたら






いいですよね





もちろん結果も大事だけど、、



大事な事を毎日確認しています。









いつか子供が

誰もやろうとしない夢を語り始めたらそれはそれで嬉しいだろーなー






では♪
何のために
身体が硬いアルマジロの唯一柔らかいところ知ってます?



どこだと思います?



お腹?

しっぽ?


違います。



正解は




歯です。笑



そこ硬くなくてどうすんの




どーも、やすおです。











君は何のためにバスケットボールをやっているの?


と、質問されました。



無論、自分のためッス



当時の僕はそう答えました。





だって、僕の周りには自分のために頑張る人が多かったですから。



それでいいと思うんですけどね




だけど僕は変わっちまいました



僕の師匠は栗原正峰という人間。



グーグルでググっちゃえばウィキペディアで出てきます。栗原正峰。




正峰は学校の教員をしています。


そうです

僕が高校生の時、先生をしてくれていました。



先生は元甲子園球児です。

バリバリの熱血くにおくんです。ちょっと違うね





そんな熱血野球人が、バスケ部顧問にやってきました


そこから正峰との歴史は始まりました。


今はプロ書道家として活動しています。


この前は銀座で個展をして


今月の17日には

雑誌ananにも掲載されます。


ananの取材をしてきました。


要チェックやで。




ちなみに今は

書道部の顧問、、、ではなく、


山岳部の顧問をしています。


山、登ってます。



高所恐怖症なのに。笑

部活に命かけてます。書道家正峰。




正峰の話が長くなっちまいました






まあ、、


そんなこんなで僕は変わっちまいました



変わっちまったおかげで、世界一を目指しています。






そして自分のためにやっていたら、今頃幸せを見失っていた気がします。



自分だけが幸せを追い求めていたら、いつか周りに誰もいなくなってるんじゃないかな



僕は、いくらお金を儲けても高級車は乗り回さないと決めています。



自分を良く見せるのは欲です

昔は欲の塊でした。





お金が無くても、幸せな家庭はたくさんあると思います。



僕の家がそうでした。


今となればある方だけど、父ちゃんが借金をかかえるような時期もあったみたいです。子供五人いるのに。



それでも母ちゃんは支え続けた。


母ちゃんのガッツはハンパねぇんす




僕もそうやって支えてくれるような人を見つけられたらいいなー





お金で買えない価値ってあるんだね






そんな感じで栗原正峰と飯島康夫は本気で世界平和を目指しています




お金で動かすこの時代に


何が大切なのかを、今一つ見直していきたいのです。




そんな事言う前に自分頑張れよ


という話なので、やすお頑張ります




これはできるできないじゃないんです。


やるかやらないかの、やるしかないんです。








では♪
出来ることは自分の中に






たまにバックをひっさげずに、新曲をひっさげている時があります。



どーも、やすおです。

今日は長いです。




言いたいこと、たくさんあります


訴えたいこと、たくさんあります



でも、今は自分を信じたいと思います。













バスケットボールって言えば、


シュートが入るとか

ステップが上手いとか

ディフェンスがいいとか



そんなんばっかり


もちろん、凄い人のプレーはためになることばかりだけど、



でも、僕にとってそこは大事なことじゃないです



上手いとか下手とか


そんなことで競い合ってる中に入りたくない。というか興味がない









●スポーツにはどんな意味があるのか



この前たまたま考える時があって、







昔、どうしてスポーツは生まれたのか



って。



たぶん最初は、上手いとか下手とか、そんなところを評価していたんじゃない。




自給自足で途方にくれていた時や同じサイクルで日々過ごす中で、

やりがいを見つけたかったりしたとき



子供のはしゃぐ笑顔が見たくてとか


頑張る姿を見て、親御さんが感動したりとか





スポーツは

人の感情を動かすことができると思うんです



一生懸命さや、頑張る姿を見て。




僕の出来ることは、少しかもしれない



でも、僕にしか出来ないことかもしれない






飯島康夫のプレーを見て、


何か思って欲しい。




すげーとか、

感動したとか、

楽しかったとか




なんでもいいから、、











家族や友人が身を削ってまでやすおを応援してくれています。


遠い場所に住む人からわざわざメッセージも来ます。


試合会場にわざわざ足を運び、「頑張ってください、応援しています!」と言って去っていく人もいます。




僕の出来ることは、そんな大切な人を想う気持ちから始まるんです




出来れば「ありがとう」は、一番最後に言いたい。NBA選手になってから、インタビューで。



でも僕にはできない


やはり目の前に応援してくれている人が現れたら、

たまらず言ってしまうと思います。





「ありがとうございます」





でも僕はそんな人間であり続けたいです。





スポーツとは何なのか


バスケットボールで何が出来るのか。


この前のオリンピックでの無気力試合なんか聞いたとき



本当に悔しく思った。




僕のやろうとしていることは、本当に可能性の少ないことかもしれない。




社長さんたちや、企業のお偉いさんに挨拶に行っても、理解されずに追い出されることしかされてこなかった。





それでも僕は進みたいと思います



この活動は、誰かがやらなければいけないことなんです。




必ず僕はNBA選手になってやります。




それが僕の夢でもあるからです








未來、自分の子供も何かスポーツやってくれたらいーなー




では♪
わたりごめ


そーいえば最近、しゅにーザに会いました。




a5c60f3dcd5ae67661fcb02063aec6f8.jpg




主任の、いや、しゅにーザのダブルクラッチにはシビレました。



奴の舞空術はあなどれない。



どーも、やすおです。



秋のこの感じ好きです。

夏が終わり、新しいシーズンを迎えて心も何だか清々しいです。




やっぱり夏より冬派です。



そんな冬はアメリカで過ごすことになりそうです。


11月に渡米します。




詳しいことはまたアップします。


とりあえず今、新しい名刺を作っています。





欲しかったら配ります。


古い方を。笑




では♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。