やすおのロード to NBA
飯島康夫です。 夢は夢を届けること
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ありがとう



僕の友達に

鉛筆は右手だけど色鉛筆は左手というわけのわからない利き手の持ち主がいます。

でも二刀流はできません

不便な奴です


ども、やすおです




大学2年の時にコンビニで働いていた頃の話。




うちのコンビニはそりゃあもう常連客ばっかりで


レシートの有無はもちろん、袋の詰め方、温めをするか否か、おつりはいるか募金か


それを毎日常連客全員に無言で行っていた





その無言のコミュニケーションをやる常連客の中で、1人のインド人がいた



彼は必ず1個だけテリヤキバーガーを買っていく。



温めは必ず。
レシートは必ず受け取る。


おそらく家で待つ奥さんの家計簿に必要なのだろう



その日もいつも通り大好きなテリヤキバーガーを片手に帰って行った



時間が経つと、またやってきた。


隣には知らないインド人がもう1人。


その知らないインド人がカタコトの日本語でこう言った



「彼は、もうインド帰る。お礼を言いに来た。」



そして常連客のインド人は俺にこう言った。



「ありがとう」




その言葉は 彼が僕に言った最初で最後の日本語になった。



口に出して「ありがとう」と言うことの大切さを改めて感じました。




ありがとうは人と人を繋ぐ魔法の言葉です




朝起きてありがとう

床に足をついてありがとう

人と話せてありがとう




そうやって生きていくうちに当たり前が消えていくんです



ありがとうが当たり前になってないか?笑


いえいえ、そーでもないです。





自分にとってマイナスな事は何一つなくて起こることもまた縁です。



修行と感謝に満ちた人生は確実に自分を形成していきます





ありがとうは人を繋ぐ




今の環境にBIG感謝です



ではでは♪
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。