やすおのロード to NBA
飯島康夫です。 夢は夢を届けること
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
時の流れに身を任せて~♪
母親のメガネが、


牛乳瓶の底のようなメガネから、


一般的なゴーグル使用になっているのに




気がつきました。





どーも、やすおです





今日は長いです。











「次のような銀行があると考えてみましょう。



その銀行は、毎朝あなたの口座へ86,400ドルを振り込んでくれます。 同時に、その口座の残高は毎日ゼロになります。 つまり、86,400ドルの中で、あなたがその日に使い切らなかった金額はすべて消されてしまいます。




あなただったらどうしますか。 もちろん、毎日86,400ドル全額を引き出しますよね。





私たちは、一人一人が同じような銀行を持っています。





それは、時間です。




毎朝、あなたに86,400秒が与えられています。 毎晩、あなたがうまく使いきらなかった時間は消されてしまいます。




それは、翌日に繰り越されません。 それは、貸越しできません。





毎日、あなたのために新しい口座が開かれます。 そして毎晩、その日の残りは消されてしまいます。 もし、あなたがその日の預金を使いきらなければ、あなたはそれを失ったことになります。





過去にさかのぼることはできません。

あなたは、今日与えられた預金の中から今を生きないといけません。




だから、与えられた時間に最大限の投資をしましょう。 そして、そこから健康、幸せ、成功のために最大のものを引き出しましょう。



時計の針は、走り続けています。 今日という日に、最大限のものを作り出しましょう。






1年の価値を理解するには、浪人した学生に聞いてみるといいでしょう。





1ヶ月の価値を理解するには、未熟児を産んだ母親に聞いてみるといいでしょう。





1週間の価値を理解するには、週刊誌の編集者に聞いてみるといいでしょう。





1時間の価値を理解するには、待ち合わせをしている恋人たちに聞いてみるといいでしょう。





1分の価値を理解するには、電車をちょうど乗り過ごした人に聞いてみるといいでしょう。





1秒の価値を理解するには、たった今、事故を避けることができた人に聞いてみるといいでしょう。





10分の1秒の価値を理解するためには、オリンピックで銀メダルに終わってしまった人に聞いてみるといいでしょう。






あなたの持っている一瞬一瞬を大切にしましょう。 そして、あなたはその時を誰か特別な人と過ごしているのだから、十分に大切にしましょう。 その人は、あなたの時間を使うのに十分ふさわしい人でしょうから。 そして、時は誰も待ってくれないことを覚 えましょう。





昨日は、もう過ぎ去ってしまいました。 明日は、まだわからないのです。





今日は、与えられれるものです。




だから、英語では「今」をプレゼント(= present)といいます」








世界の有名な格言から









平等

という言葉はあまり好きではありませんでした。


しかし時間はある種平等かなと





ドラマ漂流記ロングラブレターで


わけのわからない世の中になり

絶望の淵に立った教師役の窪塚洋介が生徒達に言いました。





「今を生きろ」



平和な現代にこの言葉を理解する人はどれくらいいるでしょう。





いろんな人がいて


泣いたり笑ったり、


その中で夢を叶えた人はどれくらいいるかな



今この瞬間をどう生きるのか





答えはいつも自分のなかにあるような気がします





...たぶん。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://774822.blog.fc2.com/tb.php/155-24d9d357
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。