やすおのロード to NBA
飯島康夫です。 夢は夢を届けること
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
青々とした木が生い茂り月に向かって周りに香りよく花咲きますように


水道の蛇口から水が出て、


閉めても閉めても水が止まりませんでした。


慌てて住人を呼んだら


止まりました。






はい。

一生懸命、反対方向に蛇口を回していました。



どうりで水は勢い良く出るばかりです。










もはや天然の度を越えています。




時差ボケかなぁ。。






どーも、アメリカ65日目のやすおです。



アメリカで日頃からお世話になっている方がいます。









koh

と言います。



バリバリの日本人です。



彼女の作る料理がハンパなくうまいんで、最近は料理を教わっています。



本当においしいんです。



料理の腕前は


かつて一世を風靡したテレビ番組、「料理の達人」に出てきそうな上海の珍さん並みに、


いや、


フランス8つ星ホテルの料理長並み、




いや、



やすおの母さん並みにやります。






なぜかと申しますと




料理を習ううちに、

やすおが一人で料理をするうちに、



気がつきました。



ただレシピ通りにやるのでは


料理に味がでません。





食べる人の好みや、作業の合間のちょい足し、その場に応じた食材への対応






理屈じゃない。




確かにそこには愛情が存在しました。


人、食材、器具、





感謝。










ようやく僕は気がつきました。




愛情無くして料理は作れない。




じゃあ愛情がなければ料理と呼べないのか?






いえいえ、
そういうことではありません。





料理を知って、


作る人の愛情を初めて知りました。




料理の奥深さを目の当たりにして感動しているのであります。








kohさん

いつもありがとう。







スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://774822.blog.fc2.com/tb.php/191-bcc2386d
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。